家ができるまでの流れPROCESS

  • STEP1住まいのイメージ作り

    まずは、「どこで、どのような暮らしをしたいのか」という家族のライフスタイルを思い描くことからはじめましょう。
    建物のイメージや、「生活拠点を都心にするのか、子育てを優先して広い土地が望める郊外にするのか」など。

  • STEP2資金計画

    自己資金はいくら用意できるのか、無理なく毎月返済できる金額はいくらなのか、など総合的に考えて「土地代+建物代」となる予算のメドをたてましょう。
    また土地にいくら、建物にいくらかけるのかは、住みたいエリアの地価相場を事前に調べて、目安としてもよいでしょう。

  • STEP3土地探し

    住みたいエリアや建物のイメージやおおよその予算が決まったら、具体的に土地探しをはじめます。
    住みたい地域の不動産会社に相談して、イメージしている予算や広さ、具体的なエリアなどの希望を伝えて探してもらうのが一般的です。

  • STEP4建築工事依頼の申込

    建築工事依頼書の申込みをいただいた後、建物の図面・プランニングの作成を開始します。

  • STEP5建物のプランニング・設計

    外観や間取りや内装などの希望を伝え、プランニングと設備の決定をします。
    提示されたプランを見積りとともに、満足できるまで検討しましょう。

  • STEP6土地契約

    不動産会社から購入したい土地の「重要事項の説明」を受けます。
    宅地建物取引業法では、売買契約を締結するまでの間に購入予定者に対して購入物件にかかわる重要事項の説明をしなければならないと定めています。
    重要事項説明は、宅地建物取引士が内容を記載した書面を口頭で説明しなければなりません。
    調べた情報と異なる説明はないか、その他に気になることはないかなど、きちんと確認します。

  • STEP7建築工事請負契約の締結

    建築工事請負契約を結びます。
    契約条件はもちろん、代金や工事のスケジュールなどもしっかりと確認しましょう。

PROCESS1地盤調査

これから家を建てる土地の状態を調べます。この調査結果をもとに地盤改良の検討をはじめます。構造物などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤強度などが判明し、設計を行い構造物が施工できるようになります。

地盤調査

PROCESS2地盤改良工事

地盤調査の結果をもとに地盤改良工事を行ないます。地盤改良工事とは、建築物を建てる際、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加えるための工事のことです。

地盤改良工事

PROCESS3基礎工事

基礎にコンクリートを流し込み、枠を外すと鉄筋コンクリート基礎の完成。基礎から出ているボルトはアンカーボルト。基礎の床面が全てコンクリートの板状になっているのが「ベタ基礎」です。

基礎工事

PROCESS4外部配管工事

外部配管工事では、排水配管、雨水配管、給水配管などを施工します。

外部配管工事

PROCESS5建方

棟木まで完了した「上棟」の状態です。ようやく家の形になってきました。外周は足場を架けて安全性を確保します。

建方

PROCESS6窓取付

窓と外壁の接合部などから水が入らない様、しっかりと防水処理をします。

窓取付

PROCESS7電気配線

電気の配線は室内の壁や断熱材が入る前に行います。

電気配線

PROCESS8断熱

外部に面する場所に断熱材を施工します。

断熱(壁)

PROCESS9外壁工事

外壁を貼っていきます。 重量があるので落下しないよう気をつけています。

外部塗装

PROCESS10クロス施工

クロス(壁紙)を貼っていきます。

クロス施工

PROCESS11完了検査

完了検査家づくりの全工程を終了した後に、外観・外装、内装から設備仕様まで全般的に、
自社基準に基づく竣工検査を実施いたします。その後、確認検査機関が完了検査を行います。

完了検査

PROCESS12お引き渡し

すべての工事・検査が終了して、家づくりが完成です。鍵などをお渡しいたします。

お引き渡し
実例見学へ行く 展示場へ行く
ページトップへ